日本精工、ハブユニット軸受の新製品を開発…ブレーキキャリパを直付け

自動車 ニューモデル 新型車
日本精工、ハブユニット軸受の新製品を開発…ブレーキキャリパを直付け
  • 日本精工、ハブユニット軸受の新製品を開発…ブレーキキャリパを直付け
  • 日本精工、ハブユニット軸受の新製品を開発…ブレーキキャリパを直付け
  • 日本精工、ハブユニット軸受の新製品を開発…ブレーキキャリパを直付け
日本精工は、ハブユニット軸受とディスクブレーキ用ブレーキキャリパを取り付けるためのブラケットを一体化したハブユニット軸受の新製品を開発した。

新製品を加えることで同社のハブユニット軸受のラインナップ充実を図り、2013年グローバル売上高1100億円を目指す。

乗用車のブレーキの主流であるディスクブレーキは、ブレーキキャリパとブレーキロータで構成、回転するブレーキロータをブレーキキャリパ内のパッドが挟み込むことで制動機能を発揮する。このブレーキキャリパは従来、車体部品であるナックルに取り付けられている。

新製品では、ハブユニット軸受の外輪と、ブレーキキャリパを取り付けるためのブラケットを一体化したため、ハブユニット軸受にブレーキキャリパを直接取り付けることが可能となる。

これにより、ブレーキ部品の取り付け精度とともに、ブレーキシステムとしての剛性も増すため、ブレーキ異常振動防止など、ブレーキ性能の向上が図れるほか、ハブユニット軸受にディスクキャリパ、ロータなどのブレーキ部品が集約されるため、自動車メーカーでのアクスル部品の車体への組付性が向上するとしている。

製品の開発では、ブレーキ反力が負荷されるブレーキキャリパ取付ブラケットの強度解析技術/機能評価技術の確立、ブラケット一体化により形状が複雑化し、かつ回転バランスが悪化する外輪の成形/加工技術を工夫した。これら製品、生産技術両面の技術開発によって、本製品の量産化を達成している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集