大同工業の第1四半期決算…売上5.0%減の営業利益2.3%増

自動車 ビジネス 企業動向

大同工業が発表した2008年4 - 6月期(第1四半期)の連結決算は、売上高が前年同期比5.0%減の111億9000万円と減収だった。営業利益は同2.3%増の5億5900万円。

南米、アジアを中心に順調に推移したものの、北米市場の景気減速を背景に、二輪車メーカー向けが減少した。損益面では、コスト低減や在庫の圧縮、予算管理の徹底による費用の圧縮、さらに連結子会社の固定資産売却益を計上した。

経常利益が同5.0%増の5億8100万円、当期純利益が同44.1%増の3億3200万円となった。

通期業績見通しは前回発表したものを据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集