中国“パンダ”の逆襲!…フィアット敗北

自動車 ビジネス 企業動向
中国“パンダ”の逆襲!…フィアット敗北
  • 中国“パンダ”の逆襲!…フィアット敗北
  • 中国“パンダ”の逆襲!…フィアット敗北
中国・石花荘の中間人民裁判所は28日、長城汽車(グレートウォール)がフィアットの意匠権を侵害していないとして、フィアットの訴えを退けた。同時に裁判所は、敗訴したフィアットに裁判費用1291ドルの支払いを命じた。

これは長城製の小型車『ペリー』(Peri)をめぐり、伊フィアットが『パンダ』に酷似しているとして伊トリノ・中国双方の裁判所に訴えていたもの。

ペリーをめぐっては先の7月18日、伊トリノの裁判所が『パンダ』の意匠権を侵害しているとして、ペリーがイタリアに輸入された場合1台につき1万5000ユーロ(約255万円)の罰金を課すことを決めた。つまり両国の裁判所でペリーに対する判定が分かれることになった。

フィアットの今後の対応は明らかにされていないが、イタリア側司法の判断に基づき、とりあえずペリーの上陸は防げるかたちだ。また長城も欧州市場を避けてペリーの販売を展開するものと思われる。

ただし、欧州圏内で最大の自動車保有率を示すイタリアではセカンドカー、サードカー需要が多く、過去にもロシアの『ラーダ』、ルーマニアの『アロ』など旧社会主義国製の一部格安モデルに人気があった。今日は、すでに長城のインポーターが他車種の販売のため稼動開始しているほか、南イタリア企業が奇瑞(チェリー)製SUV『ティゴ』のノックダウン生産を開始している。

それだけにフィアットは、今回のような意匠権以外でも中国メーカーの欧州進出に注意を払い続けるであろうことは確実だ。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

  • 中国“パンダ”をイタリアが上陸阻止! 画像 中国“パンダ”をイタリアが上陸阻止!
  • 【北京モーターショー08】コピー写真蔵…長城汽車 わんさかわんさか 画像 【北京モーターショー08】コピー写真蔵…長城汽車 わんさかわんさか
  • 【上海モーターショー07】コピー写真蔵…長城汽車わんさか 画像 【上海モーターショー07】コピー写真蔵…長城汽車わんさか

特集