ATインターナショナル08…東海大学、レース5連覇中の電気自動車

エコカー 燃費
ATインターナショナル08…東海大学、レース5連覇中の電気自動車
  • ATインターナショナル08…東海大学、レース5連覇中の電気自動車
  • ATインターナショナル08…東海大学、レース5連覇中の電気自動車
  • ATインターナショナル08…東海大学、レース5連覇中の電気自動車
東海大学は23日に千葉県の幕張メッセで開幕した「ATインターナショナル2008」に、電気自動車『ファラデーマジック2』を出品した。同電気自動車は秋田県で毎年開催されているレース「ワールド・エコノ・ムーブ」において目下5連覇中で、驚異的な燃費性能を誇るクルマだ。

全長2980mm、全幅586mm、全高594mmで重量は18.5kg。ボディは炭素繊維強化プラスチックを使用している。20円の電気代でなんと東京−大阪間を走行できるという。設計段階から学生が手掛け、約6か月で完成させた。開発費は約80万円(モーターを除く)。

「優勝が続くと、やっている人間は負けられないということで相当なプレッシャーを感じています。最近は2位以下との差も縮まっており、全く油断ができない状況です」と東海大学の大学院生は話す。

目下のライバルはスバル、アイシン・エィ・ダブリュ、東京工業大学とのことだ。ただ、その大学院生はスバルへの就職が決まっているそうで、来年は母校を応援しようか、スバルを応援しようか迷っているとか。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース