自動車整備、売上高6年ぶり減…新車低迷でディーラー大幅減

自動車 ビジネス 企業動向
自動車整備、売上高6年ぶり減…新車低迷でディーラー大幅減
  • 自動車整備、売上高6年ぶり減…新車低迷でディーラー大幅減
国土交通省が23日まとめた2007年度自動車分解整備業実態調査結果によると、5年連続で増加していた総整備売上高は、前年度比2.3%減の5兆9524億円となり、6年ぶりに減少した。

2003年度以降4年連続プラスを維持し、売上高回復をけん引していたディーラーが6.6%減と大幅な減少に転じ、専業者などその他の業態は前年度比プラスを維持したものの、ディーラーのマイナスを埋めきれなかった。

ディーラーの売上げ減少は、新車販売台数の減少が要因と見られている。

作業内容別では、「車検整備」が0.8%減、「事故整備」が9.3%減、「その他整備」が1.0%減で、「定期点検整備」は6.3%増となった。

専業・兼業事業者は車検整備の割合が高く、ディーラーはその他整備の割合が最も高い。

昨年6月末現在の事業場数は、前年比0.04%減の8万9203事業場で、整備関係従業員数は1.9%増の54万9464人。

整備要員数は38万9370人(前年度比0.3%減)で、うち整備士数は33万4744人(0.8%増)。整備要員数に対する整備士数の割合(整備士保有率)は、86.0%で前年度より1ポイント増加した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 新規認証工場が倍増---2007年度の整備事業 画像 新規認証工場が倍増---2007年度の整備事業
  • オートバックス、キッザニア甲子園に出展…車両点検、整備などを体験 画像 オートバックス、キッザニア甲子園に出展…車両点検、整備などを体験
  • 自動車整備士試験の実施計画発表 画像 自動車整備士試験の実施計画発表

特集