オークネットとダイハツ、中古車小売支援システム「ユーキャッチ」を共同開発

自動車 ビジネス 企業動向

オークネットとダイハツ、中古車小売支援システム「ユーキャッチ」を共同開発
  • オークネットとダイハツ、中古車小売支援システム「ユーキャッチ」を共同開発
  • オークネットとダイハツ、中古車小売支援システム「ユーキャッチ」を共同開発
  • オークネットとダイハツ、中古車小売支援システム「ユーキャッチ」を共同開発
オークネットは、ダイハツ工業の中古車小売支援システム『U-CATCH』(ユーキャッチ)を共同開発、提供を開始したと発表した。全国ダイハツ系販売会社62社のうち、42社へ計431ライセンスを提供する。

U-CATCHは、ダイハツ工業が、全国のダイハツ系ディーラーに向けて、自社在庫の小売支援とこれを共有化するシステムとして提供する。

車両文字情報と画像を一括で登録することが可能で、登録された情報は、ダイハツ公式中古車検索サイト「U-CATCH WEB」へ掲載される仕組み。

また、店頭商談用として小売販売支援端末システム『U-CATCH ECUS』も展開する。これは同社が展開するオートバンクシステムをカスタマイズ提供しており、ショールーム端末として自社の在庫車を画像付検索ができるほか、写真付商談用ツール、見積書や注文書の印刷など、商談バックアップ機能も搭載している。

今回U-CATCHを支援することで、中古車公式検索サイト掲載までの効率化・簡素化を図り、掲載台数の増加、集客増を図る。

また、オークネットにとっては、全国ダイハツ系ディーラーとの連携を深めることで、今後オークネットが展開する小売支援サービスメニューへの展開を図っていく予定。

U-CATCH WEB
●URL:http://u-catch.daihatsu.co.jp/
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集