JAL、非食物系バイオ燃料でデモフライトを実施

エコカー 燃費

日本航空(JAL)は、ボーイング社、プラットアンドホィットニー社(P&W)社と共同で、環境に配慮した代替燃料開発促進を目的に、非食物系バイオ燃料を用いたバイオ燃料デモンストレーションフライト「JALバイオ燃料フライト」を行うことで合意した。

今後2008年8月頃に使用するバイオ燃料を決定し、2008年度中にアジアで初めてのバイオ燃料フライトを国内で実施する予定。

JALバイオ燃料フライトには、P&W社製「JT9D」エンジンを装着したボーイング747型機(ジャンボ機)を使用する予定。

燃料タンクに混合バイオ燃料と従来のジェット燃料を分けて搭載し、4基あるうち1基のエンジンはバイオ燃料を使用し、残り3基のエンジンは通常のジェット燃料を用いてフライトする。使用されるバイオ燃料はジェット燃料と同等の厳しい基準を満たすため、航空機やエンジンに特別な改修や改造は実施しない。

使用するバイオ燃料は、地球環境や人類の発展に追加負荷を与えない非食物系の中でも特に「第二世代バイオ燃料」より選定する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集