出光、棚卸資産評価期間を変更

自動車 ビジネス 企業動向

出光興産は、2009年3月期決算から、棚卸資産評価期間を変更すると発表した。

同社は棚卸資産評価方法に1年を計算期間とする後入先出法を採用していたたが、今期から四半期報告が制度化されたことに伴って、四半期を計算期間とする後入先出法に変更する。

今期の業績への影響額については現時点では未定で、業績予想の修正が必要な場合は公表するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集