三菱自動車とPSA、電気自動車用パワートレインの共同開発を検討

自動車 ビジネス 企業動向

三菱自動車とPSA、電気自動車用パワートレインの共同開発を検討
  • 三菱自動車とPSA、電気自動車用パワートレインの共同開発を検討
三菱自動車とPSAプジョー・シトロエン社は、電気自動車用パワートレインの開発、生産に関する協業の可能性を検討することで合意したと発表した。

両社は、電気自動車の実用化・市場投入を促進させるため、電気自動車の開発・生産分野で協業することが相互にメリットのあると判断、今後数か月を目途に協業の可能性を検討することで合意した。今回の合意で、ロシアでの現地生産で合意した両社の協力関係は更に強化されることになる。

PSAは2010年から2015年までの経営計画で、環境対応車両の分野でリーダーシップをとることを目指すことを掲げる。PSAは、これまでに1万台以上の電気自動車を市場投入するなど、電気自動車の分野では世界最大の自動車メーカーで、電気自動車に関する豊富な実績を持つ。

三菱自動車は、電気自動車の分野でリーディングメーカーの一つとなること目指しており、電気自動車『i MiEV』の実用化に向け研究開発に取り組んでおり、日本国内に2009年の市場投入する計画なほか、海外についても欧州や米国への市場投入の検討中。また、リチウムイオン電池については、GSユアサ、三菱商事との合弁会社「リチウムエナジージャパン」による量産準備を進めている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集