NEXCO中日本07年度決算…当期純利益が109億円

自動車 ビジネス 企業動向

中日本高速道路(NEXCO中日本)は10日、2007年度連結決算の概要を発表した。それによると、営業収益が7417億円(前期6902億円)、営業利益が179億円(同188億円)、経常利益が189億円(同201億円)、当期純利益が109億円(同116億円)だった。

うち高速道路事業は営業収益が6996億円(同6356億円)、営業利益が100億円(96億円)で、サービスエリアなどの休憩所事業は営業収益が252億円(同257億円)、営業利益が84億円(同95億円)。また、受託事業をはじめとしたトラックターミナル事業、占有施設活用事業、物販事業などのその他関連事業は営業収益が168億円(同288億円)、営業損益が5億円の赤字(同3億円の赤字)。

2008年度の業績見通しについては、営業収益が8576億円、営業利益78億円、経常利益66億円、当期純利益39億円と増収減益を見込んでいる。うち高速道路事業は営業収益8016億円、営業利益12億円、休憩所事業が営業収益265億円、営業利益74億円、その他関連事業が営業収益295億円、営業損益8億円の赤字と予想している。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集