小倉クラッチ、タイで自動車用クラッチの新工場を設立へ

自動車 ビジネス 企業動向

小倉クラッチは、自動車用クラッチの生産会社をタイに設立すると発表した。

タイには自動車メーカー、自動車部品メーカーが多く進出しており、それにともなう市場の拡大や今後の展開、タイへ進出した日系企業向けの生産増を考慮した結果、現地に自動車用クラッチを生産する海外子会社を設立する。

新会社「オグラ・クラッチ・タイランド」は、資本金は2億バーツ(約6億8000万円)で7月に設立する。小倉クラッチが60%、子会社の東洋クラッチが40%出資する。

2010年1月から、自動車用クラッチを製造する計画だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集