三菱 i MiEV…北陸電力と実証走行試験を実施

エコカー 燃費
三菱 i MiEV…北陸電力と実証走行試験を実施
  • 三菱 i MiEV…北陸電力と実証走行試験を実施
三菱自動車は、開発中の電気自動車『i MiEV』を北陸電力と福井県、石川県、富山県と北陸経済連合会で構成する北陸環境共生会議で実証走行試験を実施する。

5月30日に、試験を最初に実施する福井県へi MiEV実証走行試験車1台を引き渡した。

三菱自は、地球温暖化・石油エネルギー代替への対応として、軽自動車『i』をベースに、大容量リチウムイオン電池と小型・高性能モーターを搭載した電気自動車i MiEVを開発中で、2009年中の市場投入を予定している。

電気自動車の早期実用化・普及のため、複数の電力会社とi MiEVの共同研究を進めており、2006年度後半からの先行試験として東京電力、九州電力、中国電力で実施、今年2月以降、これらの電力会社に加えて、関西電力、沖縄電力、北海道電力で実証実験を行っている。

今回、新たに実証走行試験を行う北陸電力、北陸環境共生会議を構成する北陸3県はi MiEVを業務用車両として実証走行試験を実施し、三菱自はそこから得られる走行データを収集・分析してi MiEVの総合的な性能や市場での受容性を確認する。

実施期間は2008年12月までの予定で、福井県が6月、石川県が7 - 8月、富山県は10月の予定で実施し、残りの期間は北陸電力で実施する。

三菱自は、北から南まで様々な使用条件・気候条件での実証走行試験から得られるデータを基に、i MiEVの市場投入に向けて開発を進めていく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集