神戸製鋼、製鉄所向けターボの試運転設備を増強

自動車 ビジネス 企業動向

神戸製鋼所は、機械関連事業の主力製品である非汎用圧縮機の大型試運転設備を新設すると発表した。同社の高砂製作所内の回転機工場に建設する。

新設備は、ターボ圧縮機を中心とした大型機の試運転が可能な定格2万kW仕様の可変速モ−タを使用しており、大型試運転能力は現状から50%程度増強できる。

設備投資額は41億円で、2010年4月からの本格稼動を予定している。同社は今回の投資で製鉄所向け酸素装置用途をはじめとするターボ大型機の市場に本格参入する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集