三井物産、モバイル事業の子会社2社を合併

自動車 ビジネス 企業動向

三井物産は、携帯電話等の販売を手がける子会社のテレパークとMSコミュニケーションズを10月1日付けで合併すると発表した。

両社の合併の目的は、競争激化が進む携帯電話流通販売市場で、顧客満足度の向上と経営統合によるコスト削減などを通じた収益基盤の強化を図るのが狙い。

合併は対等合併だが、テレパークを存続会社とし、MSコミュニケーションズは解散する。合併完了後は、「ティーガイア」を新商号として予定している。

三井物産では、両社の合併によってグループ全体のモバイル事業を強化するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集