【イクリプス08年夏】設計は困難だったが、ノイズ対策も万全

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

【イクリプス08年夏】設計は困難だったが、ノイズ対策も万全
  • 【イクリプス08年夏】設計は困難だったが、ノイズ対策も万全
  • 【イクリプス08年夏】設計は困難だったが、ノイズ対策も万全
  • 【イクリプス08年夏】設計は困難だったが、ノイズ対策も万全
富士通テン・イクリプス『AVN078HD』と『AVN978HDTV』は1DINサイズの筐体にインダッシュVGAモニターと、40GB容量のハードディスク(HDD)で構成されるハイエンドモデルだ。単体モデルである前者は地上デジタル・ワンセグチューナーも内蔵している。

2006年秋冬モデルとして発売された『AVN076HD』は20GB容量のHDD(1.8インチサイズ)が搭載されていたが、今回の2モデルでは40GB容量となり、2DIN-AVNのハイエンドモデルに肩を並べた。グラフィック統合CPU「アルティマエンジン」も強化され、検索や地図スクロール速度は以前よりも早くなっている。

インダッシュモニターはバックライトに白色LEDを使用した7インチワイドVGAに進化。輝度もアップし、色合いも鮮やかなものとなっている。

AVN978HDTVは1DINサイズの地上デジタル・フルセグチューナーが組み合わされる。筐体が小さくなったことで、設置場所の制約も少なくなった。B-CASカードも筐体内にセットできるようだ。

発表会で説明員は「筐体サイズが小さくなったので、基板設計が難しくなったのは間違いありません。ノイズ対策のため、電源系のパーツと音響系のパーツを可能なかぎり離して配置することに苦労させられました」と語っていた。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集