【トヨタ クラウン 新型発表】180cm+・90kg+の巨漢記者が乗り込んでみた

自動車 ニューモデル 新型車
【トヨタ クラウン 新型発表】180cm+・90kg+の巨漢記者が乗り込んでみた
  • 【トヨタ クラウン 新型発表】180cm+・90kg+の巨漢記者が乗り込んでみた
  • 【トヨタ クラウン 新型発表】180cm+・90kg+の巨漢記者が乗り込んでみた
  • 【トヨタ クラウン 新型発表】180cm+・90kg+の巨漢記者が乗り込んでみた
  • 【トヨタ クラウン 新型発表】180cm+・90kg+の巨漢記者が乗り込んでみた
  • 【トヨタ クラウン 新型発表】180cm+・90kg+の巨漢記者が乗り込んでみた
13代目トヨタ『クラウン』に180cmオーバー&90kgオーバーの記者が乗り込んでみた。

まず運転席だが、左右方向、ヒザ、足下は問題なし。左足ブレーキをするにはちょっとブレーキペダルがアクセルよりのような気がするが、それは致し方がないことだろう。問題は、天井。とにかく低い。シート高を最低にしても、記者的に一番運転しやすいシート角度だと、天井と頭頂部の間にコブシひとつ入らない。なので、ややリクライニングさせる形で調節しないとならなかった。そうすると、脚が窮屈にならないようにすると、やや腕が遠い感じ、逆に腕に合わせると、足下が少々窮屈な感じというわけである。

助手席は、特に問題なし。運転席と助手席の間は、記者が見たトヨタ車の中では、『ランドクルーザー200』並みに幅があるので、まず右腕をどっかりと投げ出しても運転者の左腕に干渉することはないはずである。足下も問題ないし、シートを後退させても、後部席とはスペースがあるので心配ない。天井が低いという点はもちろん運転席と同様だが、こちらはシートを立てる理由はないので、気にする必要はないというわけである。

後部座席は、助手席や運転席を目一杯後退させた状態でも、ヒザがぶつからないのでゆったりした感がある。肩幅60cmの記者クラス3人が乗る場合は、さすがに少しは肩身を狭くする必要があるかもしれないが、基本的に後部座席に文句なしであった。

 注目の新車は、今いくら? ユーザーアシスタンス
新車見積りのトップページはこちらから
新車見積りトップページのURLをメールで送る。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集