豊田自動織機3月期決算…増収増益 売上6.5%増の営業利益7.7%増

自動車 ビジネス 企業動向
豊田自動織機が発表した2008年3月期の連結決算は、売上高は前年同期比6.5%増の2兆5億円、営業利益が同7.7%増の968億円となった。

自動車事業は『マークXジオ』の生産開始などで、車両生産台数が順調だったほか、エンジン、エアコン用コンプレッサー、鋳造品・電子部品も好調だった。産業車両も順調だった。

収益面でも原材料価格の高騰などはあったものの売上げ増や原価低減などにより、経常利益が同16.6%増の1264億円、当期純利益が同35.3%増の804億円だった。

2009年3月期の連結決算業績見通しでは、売上高が同2.5%増の2兆500億円と増収を見込むが、営業利益は同20.5%減の770億円、経常利益が同15.4%減の1070億円、最終利益が同26.7%減の590億円と減益になる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集