ロータス ヨーロッパ225 を日本投入…パワーアップ

自動車 ニューモデル 新型車
ロータスの輸入販売を手掛けるエルシーアイは、『ヨーロッパ225』を3月1日から発売すると発表した。

ロータス・ヨーロッパ225は、「ヨーロッパS」と「ヨーロッパLX」をベースに、名前の通りプラス25PSの225PS/5750rpmを発揮する。最大出力はベースモデルよりも15Nmアップして287Nm/4500rpm。

このパワーアップとエンジン特性の改良で、ヨーロッパ225は、よりエキサイティングなドライビングプレジャーをドライバーに与える。扱いやすいといわれるフラットトルク特性を捨て、アクセル開度に比例し、トルクが反応する特性を採用した。これにより、軽量であるロータス・ヨーロッパ225は、アクセルの動きに、よりダイレクトに反応する。

また増加したパワー、トルクに対して、ブレーキディスクをドリルドディスクにアップデートし、加減速のバランスを高水準化した。組み合わせる足回りは、ロータス伝統の手法を採用、様々な路面状態でも忠実に走行できるとしている。

ヨーロッパ225は、ヨーロッパSの持つGT性能と、ロータスの持つスポーツドライビングする楽しさを、新しい次元で融合したモデル。

価格はSベースが677万2500円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース