マツダ デミオ 新型、発売8か月で10万台を生産

自動車 ビジネス 企業動向
マツダ デミオ 新型、発売8か月で10万台を生産
  • マツダ デミオ 新型、発売8か月で10万台を生産
マツダは、新型『デミオ』の国内累計生産台数が、2007年5月下旬の生産開始以来、8か月目となる2008年1月末時点で10万台を超えたと発表した。

新型デミオは、世界のコンパクトカーセグメントに新しい風を吹き込む「パーソナル・スマート・コミューター」として開発した。前モデル比約100kgの軽量化を実現しながらも、超高張力鋼板の採用などで十分な車体剛性を確保、クラストップレベルの低燃費、高い動力性能と高いレベルの安全性能を同時に実現した。

昨年12月には、欧州の衝突安全性能評価である「ユーロNCAP」で成人乗員保護性能について最高ランクである5つ星を獲得した。

これらが好評で、新型デミオは現在も好調な販売を維持している。

国内では発売から約6か月で3万4389台を販売し、国内市場が低迷するなかでマツダ車のシェア拡大に貢献している。また、ヨーロッパでは発売から約4か月で1万2591台を販売、マツダ車全体では2007暦年に1991年以来最高の販売台数となる31万1247台を記録しており、欧州での販売拡大にも寄与している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • シトロエンがMPV『ベルリンゴ マルチスペース』の新モデル発表 画像 シトロエンがMPV『ベルリンゴ マルチスペース』の新モデル発表
  • フォードがメキシコでサブコンパクト生産へ 画像 フォードがメキシコでサブコンパクト生産へ
  • プジョー 207 に特別仕様車…ナビが5万円 画像 プジョー 207 に特別仕様車…ナビが5万円

特集