ダイヤモンド電機4-12月期決算…増収増益 自動車機器事業が好調

自動車 ビジネス 企業動向
ダイヤモンド電機が発表した2007年4-12月期の連結決算は、当期純利益が前年同期比54.6%増の4億7200万円となった。

売上高は同4.6%増の270億8900万円と増収だった。自動車機器事業における主力の自動車用点火コイルは、国内はこれまで好調だった軽自動車販売が減少に転じたものの、輸出が好調に推移し、米国も全般的には好調を維持したことから増収となった。

営業利益は同30.5%増の6億1300万円、経常利益は同14.6%増の6億2800万円と増益だった。

通期業績見通しは米国ミシガン工場閉鎖に伴う特別損失を計上するが、前回発表したものを据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 乗用車販売ランキング1月…フィット が3か月連続トップ 画像 乗用車販売ランキング1月…フィット が3か月連続トップ
  • 富士重、777型フレイター初号機の中央翼を出荷 画像 富士重、777型フレイター初号機の中央翼を出荷
  • 【池原照雄の単眼複眼】登録車で過去最高のスズキ、今年も スプラッシュ! 画像 【池原照雄の単眼複眼】登録車で過去最高のスズキ、今年も スプラッシュ!

特集