メルセデスベンツ、Eクラス ディーゼル車のタクシー仕様10台を納車

自動車 ビジネス 企業動向

メルセデスベンツ日本は、タクシー会社の東京エムケイにメルセデスベンツのディーゼル乗用車メルセデスベンツ『E320 CDI』のタクシー仕様車10台を納車したと発表した。

メルセデスベンツ日本では、低燃費・クリーン・パワフルなクリーンディーゼルエンジンを搭載したEクラスのセダン、ステーションワゴンを2006年11月から日本市場に投入し、CO2削減する有望な選択肢として、クリーンディーゼルの理解促進と普及を図ってきた。

今回、E320 CDIの環境適合性と燃費経済性、安全性、快適性が評価され、セダン9台、ステーションワゴン1台がタクシーとして東京エムケイに採用されることになった。

今後、これらのタクシーは、ハイグレード車両として東京都港区を中心とするエリアで通常運行するほか、プライベートショーファーサービスや、成田空港までの定額送迎サービスなどでの利用が見込まれている。

メルセデスベンツE320 CDIは、発売以来、約2500台を受注している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集