BMW R1200 シリーズ一部改良、限定モデルも設定

自動車 ニューモデル 新型車

BMW R1200 シリーズ一部改良、限定モデルも設定
  • BMW R1200 シリーズ一部改良、限定モデルも設定
  • BMW R1200 シリーズ一部改良、限定モデルも設定
  • BMW R1200 シリーズ一部改良、限定モデルも設定
BMWジャパンは、BMW Motorradの『R1200GS』と『R1200GS Adventure』の仕様を一部変更し、2月12日から発売すると発表した。

R1200GSとR1200GS Adventureには、それぞれ限定200台で、よりオフロード走破性を高めるためのオプションを標準装備した記念モデルも発売、納車は4月以降となる予定。

R1200GSとR1200GS Adventureは、エンジンを改良して最高出力が5psアップして105psを発揮、最大トルクも130Nmとなった。ギア比と2次減速比を変更したことでエンジンの高回転域における加速力をアップし、エンジン低・中回転域でのトラクションが増大した。

より正確なギアシフトを実現するため、ベアリング径を拡大し、運動学的見地から変則動作を最適化させた改良型の6速トランスミッションを搭載した。また、パーシャリー・インテグラルABSやグリップヒーターを標準装備した。

エンデューロ・モデルとしては初めて、電子制御式サスペンション・コントロール・システムのエンデューロ用電子調整式サスペンション(ESA)をメーカーオプションで設定した。ライダーは、オンロード走行とオフロード走行を区別し、スプリングベースやサスペンション設定などを細かく調整できる。

R1200GS Adventureの日本仕様は、1速ギアがショートな設定となっており、より難しい地形を走行する際にメリットを発揮する。

価格はGSが199万4000円、記念モデルが217万2500円、Adventureが221万7000円、記念モデルが241万6500円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集