三菱ふそう、開発担当の役員が交代

自動車 ビジネス 企業動向

三菱ふそうトラック・バスは、1月1日付けで、ダイムラー社のトラック部門のアイケ・ブームディレクターが取締役副社長開発本部長に就任したと発表した。

サーシャ・パーシュ副社長がダイムラー社に帰任したための役員人事。

ブーム氏は、ドイツ人で、カールスルー工大を卒で、2001年に当時のダイムラークライスラー社のメルセデス・ベンツ・トラック生産車開発担当ディレクターに就任、2004年からメルセデス・ベンツ・トラックの完成車担当ディレクターとなり、2005年からトラック部門のシャシー・コンポーネンツディレクターを務めていた。45歳。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集