トヨタ車体、鹿児島県霧島市と森づくり事業で協定

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ車体は、鹿児島県霧島市が実施している「企業との協働の森づくり事業」についての協定を結んだ。協定調印式には、前田終止霧島市長、同社の水嶋敏夫社長らが出席した。

今回の調印により、同社は霧島市と協働で今後5年間、森林整備の支援や地域の人との交流活動を実施する。

霧島市には、同社の子会社であるトヨタ車体研究所がある。市の植林を利用して、森林の持つ公益性や二酸化炭素吸収における重要性を市民と一緒に考える場を設けるなど、森林づくりを積極的に推進していることから、その活動を支援することにした。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集