前田金属工業中間決算…純利益が大幅減益

自動車 ビジネス 企業動向

前田金属工業が発表した2007年11月中間期の連結決算によると、中間期純利益は前年同期比63.0%減の5800万円と大幅減益となった。

売上高は同6.7%増の23億6400万円、営業利益が同29.2%増の3億4500万円と、営業利益段階では増収増益だった。ボルト締結分野での優位性を高めるため、国内外での展示会への参加、高付加価値製品の拡販施策を推進してきたことや積極的な新規市場の開拓などが奏功した。

しかし、株式市場の低迷で、有価証券売却損などを計上、経常利益は同11.4%減の2億6800万円と減益で、中間期純利益も減益となった。

通期業績見通しは売上高が同3.2%増の48億円、営業利益が同16.5%増の6億8000万円、経常利益が同2.4%増の7億2000万円、最終利益が同3.9%増の4億3000万円を見込んでいる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集