IT化した駐車場ネットワーク、三井不動産販売が導入

自動車 ビジネス 企業動向

三井不動産販売は、駐車場事業「三井のリパーク」の機能充実と顧客満足度の向上を目的に、新・駐車場ネットワークシステム『Rism(リズム)』を導入したと発表した。開発はNECに委託した。

三井のリパークでは、他社に先駆けて1999年にオンラインシステム「インテリジェントゲートシステム」をいち早く導入し、全国駐車場の稼動状況をリアルタイムで把握・発信できる駐車場のIT 化を進めてきた。

今回新たに導入したリズムは、従来のインテリジェントゲートシステムを大幅に拡張した第2世代のシステムで、従来管理していた駐車場の入出庫・精算・機器故障などの「駐車場データ取得機能」の拡張だけでなく、駐車場稼動データから稼働率や売上状況などを一括簡易に分析する「駐車場データ分析機能」、顧客からの問い合わせに対応する「コールセンター業務支援機能」、駐車場事業地の開設から運営までの「リパーク管理業務支援機能」を加え、これら4つの機能を連携・強化した駐車場運営管理の多様な支援機能を備えた統合基幹システムとなる。

リズムの導入で、24時間365日止まらないサービスを提供している駐車場事業の各種データを、リアルタイムで収集・分析・一元管理することが可能になり、顧客へのより早く、よりきめ細やかなサービスが実現できるとしている。また、管理業務支援機能の追加により、駐車場運営事業の隅々にわたる情報共有や社内連絡帳票などの削減を図り、今後の事業拡大にあわせた業務生産性の向上を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集