日本精工、耐熱性を向上した高強度生分解性プラスチックを開発

自動車 ニューモデル 新型車

日本精工、耐熱性を向上した高強度生分解性プラスチックを開発
  • 日本精工、耐熱性を向上した高強度生分解性プラスチックを開発
日本精工は、耐熱性の高い高強度生分解性プラスチックを開発したと発表した。

同社は、日用品などに用いられている生分解性プラスチックについて、転がり軸受などの構造部材ヘの適用が可能なレベルに耐熱性・強度を向上させた高強度生分解性プラスチックの開発に成功した。

今回開発した生分解性プラスチックは、耐熱性の高いポリビニルアルコール(PVA)系樹脂に、強度を向上させる繊維状補強材と柔軟性改良剤を配合した同社独自の開発材料となる。この柔軟性改良剤を配合することで、適度な柔軟性が付与され、軸受に特有の組立性も改善されているとしている。

開発した部材は、生分解性プラスチックとしてよく知られているポリ乳酸より、引張強度及び剛性が高い。融点が約200度で、幅広いアプリケーションヘの適用が可能だ。

また、120度で1000時間放置しても、劣化がほとんど生じないレベルまで耐熱性を大幅に向上したほか、土壌中を想定した環境で180日で60%以上生分解することが確認されている。

同社では、軸受の構成部品である保持器・シールをこの高強度生分解性プラスチック製に、内部に充填されるグリースを生分解性のエクセラグリーンRNS7グリースとし、さらに内外輪を特殊形状とすることで、低トルク化による省エネルギーを実現した「ハイレベルな環境配慮型転がり軸受」を試作、評価した。

この軸受は、50%低トルク化達成で省エネルギーに貢献することが期待できるとしている。加えて、この軸受は100度、1万回転、5000時間の耐久試験で充分な耐久性を確認したとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集