出光興産がアクリル酸、アクリル酸エステルを値上げ

自動車 ビジネス 企業動向

出光興産は、2008年1月1日出荷分から、塗料や接着剤に使用するアクリル酸およびアクリル酸エステルの価格を値上げすると発表した。値上げ幅は両方とも1kg当たり20円。

ナフサ価格は、アジアの堅調な需要が続くなか、原油価格高騰の影響を受けて上昇を続けている。12月13日付、輸入ナフサのスポット価格は、過去最高値となる1トン当たり881ドルまで上昇した。台湾、韓国の大型エチレン装置の定期補修は、11月末までに終了した。順調な各社装置の稼動による旺盛なナフサ需要を見ると、ナフサ価格の低下は見込めない。

2008年1 - 3月の国産ナフサ価格は、1kg当たり6万8000円を超える見通し。こうした状況下、原料高騰に伴う価格改定を実施することにしたとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集