タダノ、子会社ニューエラーを長野計器に売却

自動車 ビジネス 企業動向

タダノは、連結子会社であるニューエラーの全株式を長野計器に売却すると発表した。

タダノは油圧式クレーンを主要事業とするが、グループ会社の一つである自動車電装品や空気圧機器を主要事業とするニューエラーと、シナジーを充分に発揮できていない。

このため、今後ニューエラーのさらなる発展のためにも、よりふさわしいビジネスパートナーに委ねるのが望ましいと判断、保有する同社株式を取引先でもある長野計器に譲渡することにした。

売却価格は30億円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集