ホンダ『ASIMO』3体による給仕チーム結成

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ『ASIMO』3体による給仕チーム結成
  • ホンダ『ASIMO』3体による給仕チーム結成
  • ホンダ『ASIMO』3体による給仕チーム結成
  • ホンダ『ASIMO』3体による給仕チーム結成
  • ホンダ『ASIMO』3体による給仕チーム結成
ホンダは、知能化技術を進化させ、複数のASIMOが協調して働く知能化技術を開発したと発表した。これによって複数のASIMOが自律的に連続してサービスを提供することが可能になった。

今回、人の動きに応じて一歩下がって道を譲ったり、そのまますれ違ったりするなどの移動の知能化技術や、トレイを運搬したり、ワゴンを押すなどの作業の知能化技術などを開発した。

また、バッテリー残量が少なくなると自動で充電する機能も実現した。複数のASIMOが状況に応じて作業を分担し、1体が充電中の場合は他のASIMOがサービスを提供するなど、お互いに協調して連続的に働くシステムとなる。

12月12日からこれらの技術を搭載した2体のASIMOの試験運用を、同社の青山本社の2階ロビーで開始する。

Hondaは、2005年に知能化技術と運動能力を進化させたASIMOを発表して以降、知能化技術に重点をおいて開発を進めてきた。今回の新技術により、人や複数のASIMOがいる環境下で、複数で協調して連続してサービスを提供することが可能となり、人間と共存する環境での実用化に一歩近づいたとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集