マセラティのフラッグシップスポーツカーを日本導入

自動車 ニューモデル 新型車

マセラティのフラッグシップスポーツカーを日本導入
  • マセラティのフラッグシップスポーツカーを日本導入
  • マセラティのフラッグシップスポーツカーを日本導入
  • マセラティのフラッグシップスポーツカーを日本導入
  • マセラティのフラッグシップスポーツカーを日本導入
マセラティの日本総代理店コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは29日、マセラティのフラッグシップスポーツカー『クアトロポルテ・スポーツGT S』を日本導入した。

9月のフランクフルトモーターショーで世界発表されたクアトロポルテ・スポーツGT Sは、「他に類を見ない動力性能と圧倒的なハンドリング性能を兼ね備え、最先端のドライビングプレジャーとマセラティ社のフラッグシップカーとしての最高級のラグジュアリー性とを融合した」(マセラティ関係者)。

ダイナミックなドライビングテイストは、シングルレートダンパーと、新採用の“レーシング”セッティングを施したパッシブ・ダンピング・サスペンション・システムにより実現した。標準型と比べて車高がフロントで10mm、リヤで25mm低下している。

低重心化、サスペンションシステムの高剛性化に伴い、挙動変化時におけるロールとピッチが大きく低減し、加速性能やスタビリティ、トラクションも向上。高速走行時のコーナリングと同様、日常的な運転においてもボディ全体の動きを制御し、敏捷性も大幅に改良されているという。

新型車で特筆されるもう一つの最新技術が、ブレンボと共同開発したブレーキシステム。1ピース、6ピストンのアルミ製フロントブレーキキャリパーと、ロードカーに初搭載されるデュアルキャスト・ディスクにより、クラス最高のブレーキ性能を誇る。

デュアルキャスト・ディスクはディスクフランジ部に従来のスチールではなくアルミニウムを採用し、重量を今までと同等に抑えつつ、ディスクディスク径を330mmから360mmにまで拡大した。

燃費性能は「デュオセレクト」と比較して9%の向上(市街地走行除く)を達成している。

車両本体価格は1595万円、デリバリーは2008年春頃より開始の予定だ。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集