駐車場に右折進入しようとしたパトカー、バイクと衝突

自動車 社会 社会

11月27日朝、茨城県石岡市内の国道6号で、茨城県警・石岡署の駐車場に入るために右折しようとしていたパトカーと、直進していたバイクが衝突する事故が起きた。バイクは転倒し、運転していた29歳の男性が骨折などの重傷を負っている。

同署によると、事故が起きたのは11月27日の午前8時20分ごろ。石岡市東石岡付近の国道6号で、同署の駐車場に右折進入しようとしていたパトカーと、対向車線側を直進してきたバイクが衝突した。

バイクは転倒。運転していた29歳の男性は路上に投げ出され、右腕を骨折する重傷を負った。警察では同署・地域課に所属する53歳の巡査部長から自動車運転過失傷害容疑で事情を聞いている。

現場は片側1車線の直線区間。調べに対して巡査部長は「大型トラックの通過を待って右折を開始したが、その死角にいたバイクの存在を見落としていた」などと供述しているようだ。警察ではパトカー側の安全確認に怠りがあったとみて調べを進める。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集