メルセデスベンツVクラス、新エンジン搭載など一部改良

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツのマルチ・パーパス・ビークル 「Vクラス」に新エンジンを搭載するなど、一部装備を見直した『V350トレンド』、 『V350アンビエンテ』、『V350アンビエンテ ロング』を13日から発売開始した。

3モデルすべてに新たに搭載される3.5リッターDOHCV型6気筒エンジンは、従来の3.7リッターSOHCV型6気筒エンジンと比べて、20KWの出力アップと、よりフラットなトルク特性により最高出力190kW、最大トルク340Nmを発揮して、低回転から高回転までの幅広い回転域でゆとりある走行性能を実現すると、している。同時に、軽量化と燃料消費の最適化により環境性能の向上も図った。

装備面ではV350アンビエンテ、V350アンビエンテ ロングに、これまでオプションとして設定していた「盗難防止警報システム」を標準装備とした。

価格はV350アンビエンテが599万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集