ダンロップ、石油外天然資源97%のタイヤを発売へ

自動車 ニューモデル 新型車

ダンロップ、石油外天然資源97%のタイヤを発売へ
  • ダンロップ、石油外天然資源97%のタイヤを発売へ
  • ダンロップ、石油外天然資源97%のタイヤを発売へ
  • ダンロップ、石油外天然資源97%のタイヤを発売へ
住友ゴムグループのダンロップファルケンタイヤは、石油外天然資源比率97%の新世代エコタイヤ、ダンロップ『ENASAVE 97』を2008年3月から順次発売すると発表した。発売サイズは4サイズ。

同社は2006年3月に石油外天然資源比率を70%にまで高めた『ENASAVE ES801』を発売し、各方面から高い評価を得ている。

ENASAVE 97は、ENASAVE ES801のコンセプトを発展させ、石油や石炭をはじめとする化石資源への依存度を最小にとどめ、石油外天然資源比率を97%にまで高めることに成功した。独自の「ENRテクノロジー」の採用で、従来のトレッド部だけでなく、サイドウォールやインナーライナー部も天然ゴム化し、石油外天然資源比率を同社で生産する乗用車用タイヤ平均重量の44%から、97%まで高めた。

同社従来品と比較して、転がり抵抗を35%低減し、燃費向上にも貢献するタイヤとしている。

原材料の石油外天然資源比率を高めたことで、「つくるとき」「使うとき」「廃棄するとき」それぞれの場面でCO2の排出量を削減出来る新世代のエコタイヤとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集