サターン ビュー グリーンライン 08年型

自動車 ニューモデル 新型車

サターン ビュー グリーンライン 08年型
  • サターン ビュー グリーンライン 08年型
  • サターン ビュー グリーンライン 08年型
  • サターン ビュー グリーンライン 08年型
  • サターン ビュー グリーンライン 08年型
  • サターン ビュー グリーンライン 08年型
GMはこの秋発表する新型2008年モデルのサターン『ビュー・グリーンライン』について、「もっとも燃費効率の良いSUV」だと主張する。サターンのハイブリッドクロスオーバーは、高速運行での燃費が32mpg(Mile Per Gallon、13.6km/リットル)と、通常のガソリンバージョンのものより燃費が27%優れているという。

元々サターン「ビュー・グリーンライン」はGM初のハイブリッドとしてデビューしたが、08年モデルはスタイリングを一新し、外観、パフォーマンスともにより魅力的となった。

ハイブリッドパワートレインに関しては、ビューはマイルドハイブリッドを採用。電気モーターだけの運行はできないが、電気モーターがスーパーチャージャーの役目を果たし、特に高速運転時にパワーを発揮する。『プリウス』などのフルハイブリッドと比べると低速運転時の燃費は悪くなるが、その分価格は安く、グリーンラインは2万1395ドルから、とアメリカで販売されているハイブリッドSUVの中ではもっとも低価格となっている。

エンジンはエコテック2.4リットルが標準だが、V6のオプション設定もある。ホイールベースは現行モデルと同じ106.6インチだが、車高、幅はそれぞれわずかに大きくなった。

GMは来年にはサターンに電気モーターでの走行も可能な2ウェイ・ハイブリッド、さらに将来的にはプラグインハイブリッドも投入予定で、ビューでは3つのハイブリッドモデルの選択が可能になる。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集