坂道を滑走してきたクルマを止めようとした女性死亡

8日午後、北海道新ひだか町内の町道で、66歳の女性が自車のドアに顔を挟まれた状態で倒れているのが発見された。女性は近くの病院に収容されたが、間もなく死亡が確認された。無人のまま後退してきた自車を止めようとした際に事故に遭ったとみられる。

自動車 社会 社会
8日午後、北海道新ひだか町内の町道で、66歳の女性が自車のドアに顔を挟まれた状態で倒れているのが発見された。女性は近くの病院に収容されたが、間もなく死亡が確認された。無人のまま後退してきた自車を止めようとした際に事故に遭ったとみられる。

北海道警・静内署によると、警察が事故発生を認知したのは8日の午後2時15分ごろ。新ひだか町三石豊岡付近の町道で、乗用車が道路右側の路外に逸脱。66歳の女性が運転席ドアと路面の間に上半身を挟まれ、意識を失った状態で倒れているのを通行人が発見、警察に届け出た。

女性は近くの病院に収容されたが、すでに死亡していることが間もなく確認された。死因は気道圧迫による窒息が原因とみられている。

現場は緩やかな坂道。警察では、無人のまま滑走してきたクルマを止めようとした女性が転倒、その際に体をドアに挟まれ、数メートルに渡ってひきずられたものと事故状況を推測している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

  • 無人トラックが後退して衝突、1人死亡 画像 無人トラックが後退して衝突、1人死亡
  • 無人滑走したクルマを止めようとして死亡 画像 無人滑走したクルマを止めようとして死亡
  • 事故処理の男性、ドアに挟まれ意識不明 画像 事故処理の男性、ドアに挟まれ意識不明
  • 車庫入れ中に頭をドアに挟まれた男性が死亡 画像 車庫入れ中に頭をドアに挟まれた男性が死亡

特集