国際帝石など、インドネシアLNG開発で権益を追加取得

自動車 ビジネス 企業動向
国際石油開発帝石ホールディングス、三菱商事、、新日本石油、三井物産は、兼松が保有するケージーベラウ石油開発の株式40.7%を取得することで合意した。

ケージーベラウ石油開発は、インドネシア共和国でタングーLNGプロジェクトの上流権益(生産分与契約)を構成するベラウ鉱区の権益を12%保有し、タングープロジェクト全体の8.6%の権益を保有する。

三菱商事、国際石油開発帝石ホールディングスは、三菱商事が56%、国際石油開発が44%を出資するMIベラウを通じて、タングーLNGプロジェクトですでに16.3%の権益を保有している。新日本石油は、新日本石油開発が51%、石油天然ガス・金属鉱物資源機構が49%出資する日石ベラウ石油開発を通じてタングーLNGプロジェクトですでに12.2%の権益を保有している。さらに、三井物産は子会社を通じて1.0%の権益を保有する。

今回の株式取得を通じて、三菱商事・国際帝石は権益を17.7%、日石は13.5%、三井物産は2.3%に増加させて事業拡大を図る。

兼松が保有するケージーベウラ石油開発の株式のうち、MIベウラが16.5%、国際帝石は新日本石油開発が14.2%、三井物産の子会社が9.9%取得する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ、インドネシアでクルマでなくサツマイモを増産 画像 トヨタ、インドネシアでクルマでなくサツマイモを増産
  • 国際石油開発、インドネシア子会社を解散 画像 国際石油開発、インドネシア子会社を解散
  • 国際石油開発がインドネシアでマハカム鉱区の権益を取得 画像 国際石油開発がインドネシアでマハカム鉱区の権益を取得
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース