【東京ゲームショウ07】Xbox『FLATOUT Ultimate Carnage』デストラクション

モータースポーツ/エンタメ ゲーム

【東京ゲームショウ07】Xbox『FLATOUT Ultimate Carnage』デストラクション
  • 【東京ゲームショウ07】Xbox『FLATOUT Ultimate Carnage』デストラクション
  • 【東京ゲームショウ07】Xbox『FLATOUT Ultimate Carnage』デストラクション
  • 【東京ゲームショウ07】Xbox『FLATOUT Ultimate Carnage』デストラクション
  • 【東京ゲームショウ07】Xbox『FLATOUT Ultimate Carnage』デストラクション
9月20日から23日まで開催された『東京ゲームショウ2007』、クルマ・レース系ゲームも数多く出展されていた。その中のひとつが、『Xbox 360』用のレースゲームで、12月にラッセルから発売予定でシリーズ最新作となる『FLATOUT Ultimate Carnage』だ。

本作は、バイオレンス度満点のデストラクション系レースゲーム。邪魔しようがぶつけようが何でもありのレースだ。また、コース上のさまざまな障害物を吹っ飛ばせるのも特徴。さらに、クルマもぶつければどんどん歪んでいき、あまりにも激しいクラッシュをすれば大破してしまう。クラッシュの際は、衝撃で車外にドライバー(実際にはドライバードール)が吹っ飛ばされるという過激な仕様も。

ゲームモードは3種類。「FlatOut」モードは、賞金で新しいパーツやクルマを買いながら頂点を目指す、キャリアモードだ。120を超えるレースと、20以上のボーナスイベントが用意されている。「Carnage」モードは、デストラクションダービーとミニゲームが中心だ。手軽にさまざまなチャレンジを楽しめるアーケードモードとなっている。全30ステージ以上を収録。そしてXbox LIVEを活用した、最大8人によるオンライン対戦モードも用意されている。

登場車種はすべてオリジナルだが、味のあるものばかり。スクラップ寸前のボロ車からストリート仕様のチューニングカーまで40種類以上が登場。中にはスクールバスやコウモリをモチーフにした某ダークヒーローの愛車に酷似したスペシャルマシンも出てくるとのことだ。

価格は未定。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

特集