ケンウッド、マイクロソフトとクロスライセンス契約を締結

自動車 ビジネス 企業動向

ケンウッドは、マイクロソフト・コーポレーションと特許クロスライセンス契約を締結したと発表した。両社はこの契約に基づいて、現在および将来における製品開発体制の充実を図るとともに、技術革新の推進を図る。

契約の目的は、両社間の関係を拡大し、カーナビゲーションシステムや家電製品の分野の情報交換と特許取得済み技術の相互利用を促進すること。

マイクロソフトのホレイショ・グティエレス(Horacio Gutierrez)バイスプレジデントは「当社が保有する広範かつグロバールな特許ポートフォリオの品質に誇りを持つとともに、ケンウッドをはじめとする業界の有力企業との協業を継続しながら、当社のライセンス プログラムを通じて、新規性と革新性に富んだテクノロジの掘り起こしを進めていく方針」と述べている。

また、ケンウッドの知的財産統括を務める石黒一夫氏は「本契約は、両社の協力関係の範囲を拡大するためのもので、われわれはこの契約により、マイクロソフトとケンウッドがこれまで開発してきたテクノロジの相互利用を可能にし、製品開発を加速させる原動力となることを期待する」と述べている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集