【インプレ'07】河村康彦 アウディ『Q7』 トレンドを一蹴する迫力

試乗記 国産車

『トゥアレグ』に気合いを込めたVWに遠慮をしてか、それとも『カイエン』をリリースしたポルシェまでを含めたグループの戦略ということか、このカテゴリーへの参入が遅れたアウディ初の本格SUVはもちろん北米市場がメインターゲットの作品。

それゆえ、全長オーバー5m、全幅ほとんど2mというボディサイズは日本の環境には過大もよいところ。こんなモノがそこらに“増殖”されたら大迷惑だし、宣伝などせずできるだけヒッソリと販売してもらいたい(?)のがこのモデル。

実際、走り出してみるとまずは「いつもの道が狭く感じる」のが『Q7』。太いAピラーが生み出す死角が大きいのもそうした印象に輪をかけるもの。

いっぽう、アウディ車ならではのインテリアクオリティの高さや、いかにも“セダンライク”な乗り味は予想の通り。それにしても正直、もはや“時代錯誤”的な印象を禁じ得ないのがこのモデル。次期モデルはどーする?

■5つ星評価
パッケージング:★☆☆☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★☆☆☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……
《河村康彦》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集