【アウディA3スポーツバック1.8TFSI 詳報】低燃費とパワーを両立した新開発ユニット

自動車 ニューモデル 新型車
【アウディA3スポーツバック1.8TFSI 詳報】低燃費とパワーを両立した新開発ユニット
  • 【アウディA3スポーツバック1.8TFSI 詳報】低燃費とパワーを両立した新開発ユニット
  • 【アウディA3スポーツバック1.8TFSI 詳報】低燃費とパワーを両立した新開発ユニット
  • 【アウディA3スポーツバック1.8TFSI 詳報】低燃費とパワーを両立した新開発ユニット
  • 【アウディA3スポーツバック1.8TFSI 詳報】低燃費とパワーを両立した新開発ユニット
「1.8 TFSI」ユニットはじつは「2.0 TFSI」の縮小版ではない。そのブロックは88mmというシリンダー間隔こそ変わらないが、共通点はそれだけ。

「じつはこれは基本構造から完全に見直した、まったく新しいエンジンシリーズに属しているんです」(マーケティング部青木徹さん)それを裏付けるように、プロジェクトナンバーには従来の「EA827」に代わり「EA888」が与えられている。

エンジンブロックは重量33kgのねずみ鋳鉄製で、クランクシャフトには直径58mmの大型メインベアリングを採用。2本のバランスシャフトも備わる。ボア径82.5mmは2.0TFSIと同じ。しかしストロークは92.8mmから84.1mmへと短縮され、排気量は1798ccとされる。圧縮比は2.0TFSIの10.3に対して9.8である。

シリンダーヘッドには応答性を改善した吸気側連続可変バルブタイミング機構が備わり、バルブギアの駆動などにはサイレントチェーンを採用。さらにウォーターポンプやサーモスタットなどの結合・コンパクト化を図ることなどで、コンパクト化と高剛性化、回転フィールと静粛性の向上を志向している。

燃料噴射方式はガソリン直噴のFSI。吸気はポート内のタンブルフラップによってタンブル流を形成。そこ高精度な三次元形状の噴射を実現する6孔式の新型インジェクターによって150barの高圧で燃料を噴射する。ターボチャージャーは2.0TFSIのKKK社製ではなくボルグワーナー社製のK03型である。

そのスペックは最高出力160ps/5000〜6200rpm、最大トルク25.5kg-m/1500〜4200rpm。従来の主力であった2.0FSIに較べて10ps、5.1kgm増強されている。そのいっぽうで10.15モード燃費は12.6km/リットルから13.0km/リットルへと向上。これには同時に採用されたパドルシフト付きの6速Sトロニックの貢献度も大きいはずだ。
《島下泰久》

編集部おすすめのニュース

  • 【アウディ A3スポーツバック1.8TFSI 詳報】シリーズの“ど真ん中” 画像 【アウディ A3スポーツバック1.8TFSI 詳報】シリーズの“ど真ん中”
  • アウディ A6 シリーズ に2.8FSIクワトロを追加…新エンジン 画像 アウディ A6 シリーズ に2.8FSIクワトロを追加…新エンジン
  • 【フランクフルトモーターショー07】アウディ A4 新型出品 画像 【フランクフルトモーターショー07】アウディ A4 新型出品
  • アウディ、新エンジン1.8TFSI搭載の A3 スポーツバックを発売 画像 アウディ、新エンジン1.8TFSI搭載の A3 スポーツバックを発売

特集

おすすめのニュース