三井住友海上、契約内容をわかりやすく説明するサービス開始

自動車 ビジネス 企業動向

三井住友海上火災保険は、「ご契約内容確認シート」(意向確認書面)について、ビジュアルに動画や音声を使って、わかりやすく説明する『ご契約内容しっかり確認ナビ』を開発し、自動車保険については31日からインターネットにて掲載すると発表した。

同社は、保険金不払いが発覚したため、今年4月から個人の顧客向けの契約を対象に「ご契約内容確認シート」(意向確認書面)で、顧客の希望に沿った契約内容になっているかについての確認を進めている。これに加えて、新たに確認ナビを開発したのは、代理店による顧客への説明をサポートするとともに、顧客からの保険会社への問い合わせ機能を充実する。

従来、契約内容の確認は、契約内容確認シートやガイドブックなどの紙媒体を使っていたが、確認ナビはこれを補完する。

契約時に確認してもらう内容を、ナレーターが音声と動画でわかりやすく説明する。説明に合わせて、保険申込書上の記載位置を画面に表示させることで、契約内容を確認しやすくした。また、複数の申込書に対応し、顧客の手元にある申込書を選択することも可能だ。

動画と音声での説明時間は、全体で約20分だが、確認したい項目のみを選択して閲覧する(スキップする)ことも可能。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集