VWゴルフGT TSI / GTを一部仕様変更

自動車 ビジネス 企業動向

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、『ゴルフ』の最量販モデルグレードである「GT TSI」と「GTI」の仕様を向上し、28日から販売開始した。

GT TSIは、今年2月から販売を開始した、低燃費と高出力を高い次元で両立させたTSIエンジンと、フォルクスワーゲン独創のDSGトランスミッションを搭載する人気車。今回の変更では、グリルカラーをこれまでのボディ同色から、よりスポーティなブラックに変更した。同時にシートデザインも変更、顧客からの要望の高かったレザーシートもオプション設定した。

また、GTI、GT TSI両モデル共通として、後席乗員を強い日差しから守る、紫外線カット&断熱効果の高いダークティンテッド ガラスをリヤ(リヤドア、リヤクォーター、リヤハッチガラス)に採用した。

今回の仕様向上に伴い、価格はGTI、GT TSIともに従来より3万円アップとなる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集