【グッドデザイン07】日産 デュアリス 公開プレゼンテーション…真剣勝負!

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

グッドデザインプレゼンテーション2007(東京ビックサイトにて24−26日開催)、毎年恒例の公開審査で、日産自動車の大月圭介プロダクトチーフデザイナーが新型『デュアリス』のデザインについてプレゼンテーションを行った。

デュアリスは、Cセグメントのハッチバックと同じ幅と長さのコンパクトボディに、SUVのスタイルをあたえたCUV=クロスオーバーユーティリティビークル。デザインのコンセプトは「URBAN NOMAD」(アーバンノマド)、都会の遊牧民としている。

プレゼンテーションは、プレゼンテーターと審査員の真剣勝負、ここではその様子をお伝えしたい。

奥山清行審査員:「車高を下げて、普通のタイヤを履かせると、このクルマはある意味、普通のクルマになりませんか?」

大月デザイナー:「CUVの中にはそういうクルマもありますが、デュアリスではタイヤが大きくなった分のホイールハウスも大きくなっていますので、それに合わせてパッケージングも調整してあります」

木村徹審査員:「『フェアレディZ』以降、日産のデザインは乾いた面質の造形でしたけれど、デュアリスはしっとりとした質感に仕上がっているように感じたのですけれど?」

大月デザイナー:「日産デザインは、常にモダンでありたいと考えていて、クリーンでシンプルな造形を目指していますが、そのモダンというのは、時とともにかわるもので、デュアリスではエモーショナルな方向に振りました」

木村徹審査員:「これからの日産はエモーショナルな方向にいくととってもいいのですか?」

大月デザイナー:「そうとってもらってかまいません。」

沢村慎太郎審査員:「4WDであると誰でもわかるのアイキャッチのようなものがこのクルマにはありません。それは意図的なものなのでしょうか?」

大月デザイナー:「日産では、『エクストレイル』という商品をもっていますのでそれとの差別化を意識しました」

松井龍哉審査員:「コンセプトが“アーバンノマド”とありますが、インテリアのイルミネーションなどにコンセプトに合わせたイメージングの指示はあったのでしょうか?」

大月デザイナー:「デュアリスに限ってというわけではありませんが、日産ではイルミネーションのカラーをオレンジに統一しています、これは“パッション”“スポーティ”感を表現しています」

奥山審査員は「機能からくるカタチなのか?」、木村審査員は「製品に対するポリシー」、沢村審査員は「マーケティング」、松井審査員は「情感表現」に対する答えを聞き出そうと、短いプレゼン時間の中で、それに応える大月デザイナーも質問を選ぶ審査員も真剣になり、緊張感が生まれていた。
《》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集