メルセデスベンツ Eクラス に「E250」を追加

自動車 ニューモデル 新型車

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツ『Eクラス』に「E250」のセダンとステーションワゴンを追加して27日から発売開始した。

E250は、DOHC2.5リットルV型6気筒エンジンを搭載し、最高出力204PS、最大トルク25.0kgmのゆとりのあるパワー/トルクと、スムーズなエンジンフィーリングを備えながら、高い静粛性と低エミッションを実現した。

また、外装では16インチ7スポークアルミホイールやクローム付専用フロントグリル、内装にはユーカリプタスウッド・インテリアトリムや本革巻ステアリングを採用した。

安全性能では、メルセデス独自の先進安全コンセプト「PRO-SAFE」を導入するとともに、「PRE-SAFE」、「アダプティブブレーキ」などを採用した。

価格はセダンが640万円、ステーションワゴンが696万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集