映画『スピードマスター』…8月25日に全国ロードショー

モータースポーツ/エンタメ 映画

映画『スピードマスター』…8月25日に全国ロードショー
  • 映画『スピードマスター』…8月25日に全国ロードショー
  • 映画『スピードマスター』…8月25日に全国ロードショー
  • 映画『スピードマスター』…8月25日に全国ロードショー
  • 映画『スピードマスター』…8月25日に全国ロードショー
  • 映画『スピードマスター』…8月25日に全国ロードショー
今月25日に全国ロードショーとなる映画『スピードマスター』のプレミアイベントが、19日に開催された。本作、見所は複数あるが、クルマに絞ってポイントを紹介しよう。

まずひとつ目は、通好みのロータリー車、マツダ『RX-7』がメインとなっている点だ。しかも、同じRX-7同士が対決する。主人公の赤星颯人(演:中村俊介)が'83年登場の2代目「FC3S」に、ヒールの黒咲勇弥(演:内田朝陽)が'91年登場の3代目にして最終モデルの「FD3S」に搭乗し、新旧対決が行なわれるのだ。

性能的にはもちろんFD3S優位で、その先代のFC3Sが勝つのは普通なら難しい。が、それを覆すために実際に徹底的なチューニングが行なわれているのも特徴。FC3Sは、実際にRX-7並びにRX-8のチューニングカーショップ「R magic」が手がけているのだ。映画のパンフレットには、同ショップの企画開発部長の土井理智氏の「それほどチューニングされていないFD3Sならストレートで実際に抜ける」というコメントが掲載。かなり真剣に造り込んでいるとのことである。

劇中では、FC3Sのチューニングを颯人が自らの手で行っていくわけだが、これまたクルマ好きなら要チェックのポイント。「13B」ロータリーエンジンのサイドポート研磨など、オーナーになってチューニングショップに持ち込んで見学でもさせてもらわない限り、なかなか見られないような作業も描写される。

そしてもちろん、バトルシーンも。思わず力の入る強烈な速度感をぜひチェックしてみてほしい。
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集