『湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE 3』…分身とガッちゃん

モータースポーツ/エンタメ ゲーム

アーケードで好評稼働中のレースゲーム『湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE 3』。開発元のバンダイナムコゲームスにお邪魔し、たっぷりとプレーした。本作最大の魅力は、やはり新システム「分身対戦モード」だ。

これまでの対戦ゲームでは、「自分を負かしたプレーヤーにリベンジ」など、誰かとの再戦は友人でもない限り、なかなか叶わなかった。それが同モードの場合、いつアーケードに足を運んでも、バトルしたい相手(の分身)が待っているので、好きなだけ闘える。原作で主人公アキオとブラックバードの島たちのようにエンドレスで闘えるのだ。

そして自分だけのチューンドカーを走らせるという楽しさ。最初にカードを作成して愛車を登録するのだが、その愛車でドリフトしたり、一般車の間をスラロームで駆け抜けたりできるようになると、爽快感を覚えるのだ。もちろん、チューニングやドレスアップも行え、愛車に手を加える楽しさも味わえる。

驚くのが「ストーリーモード」。前作より演出が刷新され、原作の世界観をより再現している点も魅力だが、扱っているストーリーの膨大さもポイント。原作の1巻の「SERIES 1 S30Z」から30巻の「SERIES 80 Z32」までが扱われている。壮大な『湾岸ミッドナイト』ワールドを堪能できるのである。

ちなみに、「10人抜きモード」をプレーすると、走り屋だけでなく、『セルシオ』に乗ったガッちゃんなど、原作でもあまり走っていないチューナーまで登場。意外な人物に驚くはずだ。

あなたも「悪魔のZ」や「湾岸の帝王」を目指して、デジタルな首都高を走りまくってみては?
《デイビー日高》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集