東燃ゼネラル中間決算…減収ながら大幅増益

自動車 ビジネス 企業動向

東燃ゼネラル石油が発表した2007年6月中間期の連結決算は、売上高が前年同期比5.0%減の1兆4054億円と減収だった。販売数量が減少したのが主因だ。

収益面では、営業利益が同132.7%増の264億円と大幅増益だった。石油製品マージンは、原油価格の高騰で低下したが、石油化学部門が、芳香族やオレフィン、スペシャルティ事業分野で増益となった。

経常利益は同86.0%増の284億円、中間期純利益が同69.8%増の171億円だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集