新車の選び方…キーワードは「頂点」

自動車 ニューモデル 新型車

新車の選び方…キーワードは「頂点」
  • 新車の選び方…キーワードは「頂点」
  • 新車の選び方…キーワードは「頂点」
  • 新車の選び方…キーワードは「頂点」
  • 新車の選び方…キーワードは「頂点」
  • 新車の選び方…キーワードは「頂点」
  • 新車の選び方…キーワードは「頂点」
トヨタ自動車が5月17日にリリースしたレクサス『LS600h/LS600hL』。ハイブリッドシステムを搭載し、「6リットル車並みの加速と3リットル車並みの燃費性能を両立した」(渡辺捷昭社長)ことを売りとするフルサイズサルーンだ。発表会で渡辺社長や役員、開発スタッフが異口同音に唱えたキーワードは「頂点」。

この『頂点』という言葉には、さまざまな意味が込められている。トップ・オブ・レクサスであることはもちろんのこと、トヨタのハイブリッドカー・ラインナップの最高峰、トヨタの技術の集大成、さらには「21世紀の価値を具現化した、かつてない高級車」(渡辺氏)と、世界の高級車の頂点に立つモデルというメタファーが含まれている。

レクサスLS600h/LS600hLの成り立ちからも、経営陣や開発陣の気合いの入りぶりがうかがえる。エンジンはトヨタのハイブリッド車としては、初めての完全専用設計。従来モデルは既存のエンジンと共通の排気量のものが使われていたが、5リットルV8はレクサスLS600h/LS600hL専用の排気量だ。

フロントサスペンションは4WD化にともない全面新設計。駆動系はプラネタリーギアを使用した第4世代トルセン(トルク感応式)LSDによる可変トルク配分4WDシステム。また、空力面でもハイブリッド化による前後重量配分の変化に合わせ、再チューニングを受けている。

エクステリアのデザインについても、従来のトヨタのハイブリッドカーの文法どおり、ノーマル車との識別点を随所に盛り込んでいる。

 注目の新車は、今いくら? ユーザーアシスタンス
新車の見積りのトップページはこちらから。
気になるライバルの見積りも同時にとれます。
●新車見積りトップページのURLをメールで送る。

 今のクルマを新車購入資金に ユーザーアシスタンス
無料愛車査定サービスはこちらから。
●無料愛車査定サービスのURLをメールで送る。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集