アルパイン、中間期の業績見通しを上方修正、堅調な販売で

自動車 ビジネス 企業動向

アルパインは、2007年9月中間期の連結業績見通しを上方修正した。

売上高は1250億円を予想していたが、1300億円に上方修正した。販売が予想していたよりも堅調に推移しているのに加え、為替水準が円安による寄与があるため。

営業利益は40億円から45億円に上方修正した。経常利益も45億円から55億円に、中間期純利益は25億円を予想していたが、30億円となる見通し。

通期業績見通しは前回発表したものを据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集